ガーミンの弾道測定器の記事のバナー画像
記事検索

グリーン周りのアプローチ!ミスが減る打ち方とコツを解説

LUIS FIELDのアイコンLUIS FIELD
Cover Image for グリーン周りのアプローチ!ミスが減る打ち方とコツを解説
スキルアップ
2023-10-31
2024-02-09

ようやくグリーン周りにきたのに、ダフリやトップのミスを連発…。

アプローチに恐怖を感じている人も多いのではないでしょうか?

アプローチでミスをしないためには簡単なコツがあります。

コツを掴めばグリーン周りも怖がらずアプローチで寄せることができて、

スコアを縮めることができますよ。

グリーン周りのアプローチの種類

image3

アプローチの打ち方は大きく分けて、

「ピッチ&ラン」

「ランニングアプローチ」

「ピッチショット」

「ロブショット」

の4種類に分けられます。

なぜ4種類の打ち方があるかというと、

グリーン周りの状況に応じて使い分ける必要があるからです。

例えばランニングアプローチは名前の通り、ランを出して転がすアプローチです。

ボールが高く上がらないため、バンカー越えのシチュエーションでは使えません。

バンカー越えのシチュエーションでは、ボールを高く上げるショットが求められます。

まずここでは、グリーン周りのアプローチの種類と特徴について詳しく解説します。

状況に応じてどう使い分けるのか、理解をしていきましょう。

アプローチの基本「ピッチ&ラン」

ピッチ&ランはアプローチの基本的な打ち方で、ボールを上げて転がすアプローチです。

ボールが上がって着弾するまでのキャリーと、着弾してから転がるランがほぼ一緒くらいのアプローチとなります。

クラブはピッチングウェッジやサンドウェッジなどを使い、ボールに高さを出します。

カップまである程度の距離があっても、手前に落として転がしていくという狙い方ができるのが特徴です。

ミスが少ない「ランニングアプローチ」

ランニングアプローチはボールを低く打ち出し、コロがしていくアプローチです。

7〜9番アイアンなどの「ロフトが立っているクラブ」を使ってランを出します。

パターと同じイメージで打つことができるので、距離感が合いやすいのが特徴です。

また初心者ゴルファーに多いダフリのミスも、ランニングアプローチなら小さなスイングになるので、ミスヒットを減らすことができます。

ボールを上げてスピンで止める「ピッチショット」

ピッチショットはボールを上げつつあまりランを出さずに、スピンで止めるアプローチです。

クラブはサンドウェッジを使います。

グリーンが下っている場合やグリーンからピンまで距離がなく、ランを抑えたいシチュエーションに最適です。

またバンカーや土手などがある場面ではボールを高く上げて、クリアできるアプローチです。

ボールを高く上げて止める「ロブショット」

ロブショットはボールを高く上げて、グリーンに止めるショットです。

ピッチショットはスピンで止めるのに対して、ロブショットはボールの高さを使い、真上から落として止めます。

ボールがラフにあったり、ピンが手前にあったりなど、グリーンが下っている場面で有効なアプローチです。

クラブはサンドウェッジを使い、フェースを開いて(右に向けて)打ちます。

フェースを開けば開くほど、大きなスイングが必要です。

そうするとリーディングエッジ(クラブフェースの下側の顔)が浮き、ミスヒットしやすく、距離を合わせることが難しくなります。

アプローチの中で、極めて難易度の高いアプローチです。

【アプローチ種類別】使う状況とミスしない打ち方のコツ

image4

グリーン周りのアプローチといってもピンまでの距離やハザードなど状況は様々です。

そのため状況ごとに、打ち方を考えなくてはなりません。

ですが、難しく考える必要はありません。

まずは「ピッチ&ラン」「ランニングアプローチ」のどちらかで転がせる状況かどうかを見極めましょう。

ダフリやトップのミスに繋がりにくいため、大きくスコアを崩す危険を避けられます。

とはいえ「ピッチショット」や「ロブショット」などを使ってボールを上げなくてはいけない場面もあります。

そこでここでは、アプローチの種類別で使う状況を解説します。

それぞれミスをしない打ち方のコツもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

基本は「ピッチ&ラン」で打てるか見極める

ピッチ&ランはあらゆる場面で使える万能なアプローチショットです。

そのため、逆にピッチ&ランが使えない状況を把握しましょう。

【ピッチ&ランが使えない状況】

・バンカーあるいは池越えでピンが手前

・砲台グリーンでピンが手前

・深いラフに沈んでいる

・ベアグランド

このようにライが悪い状況や

ピンが手前で、ボールを上げないといけないハザードがある状況以外では、ピッチ&ランでカバーができます。

特にグリーンエッジまで距離があってボールを浮かせたい場合は、迷わずピッチ&ランを打ちましょう。

【ピッチ&ランを打つ時のコツ】

・スタンスは肩幅にする

・ボールの位置は両足の中心にセットする

・左足に体重を置き、クラブは短めに持つ

・肩を支点にして振り子のようにして打つ

距離の短いアプローチを打つ時は、「飛ばそう」「上げよう」と意識しすぎないように注意しましょう。

力が入ってしまい、ダフリやトップのミスに繋がります。

クラブをほうきで掃除するようなイメージでスイングすると、自然とクラブがボールを上げてくれてミスが起こりにくくなります。

ピンまで障害物がなくグリーンエッジが近いなら「ランニングアプローチ」

ランニングアプローチはボールを上げずに転がしてピンを狙います。

そのため、転がせる状況かどうかの判断が必要です。

アプローチの中でもっともミスが出にくくて距離が合いやすいため、

使える場面では積極的に使うことがおすすめです。

【ランニングアプローチを使う状況】

・ピンまでの障害物がなくグリーンエッジが近い

ただし砲台グリーンやピンまで下っている状況は、思うようにボールが転がらない可能性があります。

そのため、グリーンの傾斜をしっかり確認して打つようにしましょう。

【ランニングアプローチを打つ時のコツ】

・スタンスは両足の間にこぶし1個入るくらい狭めにする

・ボールの位置は右足の親指前あたりに置く

・クラブは短めに持ち、グリップは左足のもも内側くらいに構える

低めに上げて低めに出す

振り子のイメージでリズムは一定

ランニングアプローチは、小さく振ることを意識しましょう。

小さな振り幅で打つため、手首や腕だけで打ってしまうことがあります。

手打ちになると、方向や距離感が安定しないことがあるので、注意しましょう。

パターのように転がすイメージで打つとミスが起こりにくいです。

ピンまで障害物がありピンが手前なら「ピッチショット」

ピッチショットはボールを上げて、スピンでグリーン上に止めるアプローチです。

ボールを上げてランを出さずに、ボールを止めたい状況で使います。

【ピッチショットを使う状況】

・池やバンカーがあり、そのすぐ先にカップがある

・ラフを超えてグリーンがある

ピッチショットは難易度の高いショットで、ミスが出やすい打ち方です。

ボールを上げないとクリアできない状況以外では、無理に使う必要はありません。

しかし使わないといけない場面もあるので、ミスをしないコツをおさえておきましょう。

【ピッチショットを打つ時のコツ】

・スタンスは肩幅よりもやや狭めに構える

・ボールの位置は真ん中に置く

・6:4の割合でやや左足よりに体重をかけ、スイング中に体重移動はしない

ダウンスイング時に鋭角にボールに向かってフェースを入れる

・バックスイングとフォロースルーのふり幅は同じで、フェースは返さないようにフィニッシュする

また、ボールの位置を左に置かないように注意しましょう。

それだけでダフリやトップのミスに繋がります。

砲台グリーンでピンが手前なら「ロブショット」

ロブショットはボールを高く上げ、ボールの高さでグリーン上に止めるアプローチです。

ボールを高く上げないと、クリアできない状況で使います。

【ロブショットを使う状況】 ・砲台グリーンでピンの奥が下り傾斜

・池やバンカー越えでピンが手前に切ってある

ロブショットはピッチショットと同じように、

ミスが出やすく難易度の高いショットです。

ボールを上げないとダメな状況以外で使うことはおすすめしません。

【ロブショットを打つ時のコツ】

・スタンスは肩幅よりもやや広めに構える

・ボールの位置は左足よりに置く

・左足をやや後ろに下げ、オープンスタンスに構える

・フェースを開いて右に向けた状態でグリップを握る

・大きく一定のスピードでスイングする

スイングは一定の速度で打ちましょう。

急加速したり減速すると、ミスショットに繋がります。

【基本】ピッチ&ランを完璧にマスターする練習方法

image2

グリーン周りのアプローチは基本のピッチ&ランで、ピンに寄せることができれば、スコアがグッと縮まります。

ここではピッチ&ランを完璧にマスターするための簡単な練習方法をご紹介します。

ピッチ&ランの練習は「30ヤードを主体」に打てるように練習しましょう。

コースによりグリーンの大きさは違いますが、前後左右の直径が30〜40ヤードが主流といわれています。

そのため、グリーン周りのアプローチは、ピンまで30ヤード前後となることが多いです。

30ヤードが打てるようになれば、確実にグリーンに乗せることができるので、パットが楽に打てるようになります。

【30ヤードアプローチの打ち方】

・スタンスは肩幅程度にして、グリップエンドの位置を左ももの中央にセットする

・ボールは中央に置き、頭を上から吊るされているイメージを持つ

・コックは緩めで、腰から腰の高さで振る

胸の小さな回転を使って振り抜くことがポイントです。

バックスイングからフォロースルーまで左右対称が理想的です。

これを繰り返して、30ヤードが安定して打てるように練習をしましょう。

まとめ

スコアメイクの鍵はグリーン周りのアプローチで決まります。

グリーン周りのアプローチがミスなく打てるようになれば、パットが楽に打てるようになり、スコアがグッと縮まります。

グリーン周りの状況によって、アプローチの打ち方を変える必要があります。

しかしボールを大きく上げる必要がない限りは、「ピッチ&ラン」で問題ありません。

まずは30ヤードしっかり打てるように、練習を積み重ねていきましょう。

それだけでアプローチのミスが減っていきます。

アプローチのミスで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

URLをコピーする

ライター

ライターのアイコン画像
LUIS FIELD
10 記事
ゴルフ好きのライターが多数在籍する編集プロダクション。ゴルフ初心者にも「わかりやすい」と思ってもらえる記事作りを心がけます!

監修者

ライターのアイコン画像
さーら
13 記事
こんにちは!さーらと申します! 5歳からゴルフを始め、数々のジュニアの試合や、アマチュアの試合など出場してきました。20歳までプロゴルファーを目指してきましたが、プロテスト最終選考で敗退。一時期は、「ゴルフはもうやらない!!」と思っていましたが結婚し、夫婦の共通の趣味として再開しました!現在はゴルフの楽しさより多くの方にを伝えるため、YouTubeチャンネルやインスタグラムにてゴルフ関連の発信活動をしています。 ベストスコア63 現在のアベレージ77 主な戦歴 2012年 キャロウェイ世界ジュニアゴルフ選手権2位 2014年 東北女子アマチュアゴルフ選手権 優勝 2019年 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技 10位T     LPGAツアー ヨネックスレディース 7位T(ローアマ) LPGAプロテスト最終選考出場

関連記事

同じライター(LUIS FIELD)の記事

Cover Image for 子供むけゴルフスクールは何歳から?ゴルフを習うメリットと費用
レッスン

子供むけゴルフスクールは何歳から?ゴルフを習うメリットと費用

2024-03-27
Cover Image for 打ちっぱなしの服装にきまりはある?基本の服装と持ち物を解説
コラム

打ちっぱなしの服装にきまりはある?基本の服装と持ち物を解説

2024-03-27
Cover Image for ゴルフが上手くならない!上達する方法と簡単な練習法を解説
スキルアップ

ゴルフが上手くならない!上達する方法と簡単な練習法を解説

2024-02-14
Cover Image for ドローボールの打ち方のコツは?習得するメリットと練習法を解説
スキルアップ

ドローボールの打ち方のコツは?習得するメリットと練習法を解説

2024-02-13
Cover Image for ゴルフスイングの手首の使い方は?上達する理想の手首の動きを解説
レッスン

ゴルフスイングの手首の使い方は?上達する理想の手首の動きを解説

2023-12-27
Cover Image for アプローチウェッジはいる?いらない?初心者が使うべきクラブを紹介
コラム

アプローチウェッジはいる?いらない?初心者が使うべきクラブを紹介

2023-12-27
Cover Image for ゴルフスコアの目安を解説|初心者~上級者・競技ゴルフまで
コラム

ゴルフスコアの目安を解説|初心者~上級者・競技ゴルフまで

2023-11-19
Cover Image for ゴルフに筋トレは必要?スコアアップにおすすめの筋トレを紹介
スキルアップ

ゴルフに筋トレは必要?スコアアップにおすすめの筋トレを紹介

2023-11-12
Cover Image for ゴルフで重要な腰の回転のコツと上達に繋がる練習方法
スキルアップ

ゴルフで重要な腰の回転のコツと上達に繋がる練習方法

2023-10-31
もっと見る

同じカテゴリー(スキルアップ)の記事

Cover Image for フェードボールはいつ使う?メリットや打ち方を解説!
スキルアップ

フェードボールはいつ使う?メリットや打ち方を解説!

2024-03-12
Cover Image for ゴルフが上手くならない!上達する方法と簡単な練習法を解説
スキルアップ

ゴルフが上手くならない!上達する方法と簡単な練習法を解説

2024-02-14
Cover Image for ドローボールの打ち方のコツは?習得するメリットと練習法を解説
スキルアップ

ドローボールの打ち方のコツは?習得するメリットと練習法を解説

2024-02-13
Cover Image for 【バンカーショット】初心者にオススメの打ち方や練習方法を紹介!
スキルアップ

【バンカーショット】初心者にオススメの打ち方や練習方法を紹介!

2024-01-26
Cover Image for ゴルフで重要なバックスピン量|適正な飛距離を打つためのコツと練習法
スキルアップ

ゴルフで重要なバックスピン量|適正な飛距離を打つためのコツと練習法

2024-01-26
Cover Image for 【ゴルフクラブ別】飛距離の目安とは?初心者、男女別に解説!
スキルアップ

【ゴルフクラブ別】飛距離の目安とは?初心者、男女別に解説!

2023-12-27
Cover Image for アイアンでティアップする理由は? メリット・デメリットを解説!
スキルアップ

アイアンでティアップする理由は? メリット・デメリットを解説!

2023-11-29
Cover Image for シャンクの原因とは?ラウンド中の対策・根本治療まで
スキルアップ

シャンクの原因とは?ラウンド中の対策・根本治療まで

2023-11-29
Cover Image for 高性能なポータブル弾道測定器「GARMIN - Approach R10」で上達への一歩を!
スキルアップ

高性能なポータブル弾道測定器「GARMIN - Approach R10」で上達への一歩を!

2023-11-22
Cover Image for ゴルフに筋トレは必要?スコアアップにおすすめの筋トレを紹介
スキルアップ

ゴルフに筋トレは必要?スコアアップにおすすめの筋トレを紹介

2023-11-12
もっと見る
体験レッスン後アンケート回答でAmazonギフト券500円分プレゼントのバナー画像
地図検索のバナー画像
ライター募集のバナー画像
ページトップへ戻るリンク
ゴルフ場のイメージ画像
ゴルフ場を探す1967件)
練習場のイメージ画像
練習場を探す2737件)
レッスンのイメージ画像
レッスンを探す1611件)
ガーミンの弾道測定器の記事のバナー画像
\ SNSでも配信中 /

ゴルフ場を探す

  • -条件・キーワードから探す
  • -地図から探す

練習場を探す

  • -条件・キーワードから探す
  • -地図から探す

レッスンを探す

  • -条件・キーワードから探す
  • -地図から探す

読みもの

  • -マガジン
  • -ライター募集

ゴルフ場、練習場、レッスン施設の方へ

  • -施設掲載依頼
  • -ホームページ制作・保守代行
  • -インドアゴルフの集客サポート
  • -ゴルフレッスンの集客サポート
  • -【初期費用無料】事業者向けサービス一覧

全般

  • -お問い合わせ
  • -公式グッズ
  • -ゴルフ関連リンク
  • -プライバシーポリシー
  • -利用規約
  • -運営会社
ゴルフメドレーHP制作サービスのバナー画像
インドアゴルフ練習場、ゴルフレッスンの集客サポートのバナー画像
© ゴルフメドレー