ガーミンの弾道測定器の記事のバナー画像
記事検索

【バンカーショット】初心者にオススメの打ち方や練習方法を紹介!

Cover Image for 【バンカーショット】初心者にオススメの打ち方や練習方法を紹介!
スキルアップ
2024-01-26
2024-02-09

バンカーとはゴルフのコースのなかで池と並ぶハザード(障害物)に相当します。

バンカーは砂で満たされており、バンカーからの脱出するためのバンカーショットは、初心者だけではなく上級者にとっても難易度が高いショットの一つとなっています。

本記事では、バンカーショットの打ち方や練習方法などについて詳しく説明します。

一般的なバンカーの打ち方

バンカーショットは、ゴルフの中でも特に難易度が高いとされるショットの一つです。

しかし、正しいテクニックを身につけることで、確実にバンカーから脱出することが可能となります。

以下に、一般的なバンカーショットの打ち方をポイント毎に説明します。

ボールの位置

バンカーショットでは、ボールの位置が非常に重要です。ボールはスタンスの中心よりやや前方に置くことが一般的です。

クラブが砂に入るポイントをボールの少し前に設定できます。これによって砂ごと飛ばすというバンカーショットの基本を抑えることができます。

スタンス

バンカーショットでは、安定したスタンスを取ることが重要です。

足を肩幅より少し広く開き、体重を左足(右利きの場合)に多めにかけます。 これにより、下半身の安定性が向上し、バンカーショットの成功率が上がります。足元はしっかりと固定し、バランスを崩さないようにします。

スタンスはショットの成功に大きく影響しますので、しっかりと構えることが重要です。

ボールはスタンスの前方に置きます。これにより、クラブが砂に最初に当たる点がボールの後ろになり、ボールを上げやすくなります。

バンカーショットのスイング

バンカーショットのスイングは、通常のフルスイングとは異なります。

バンカーショットでは、フルスイングではなく、約3/4の力でスイングします。

バックスイングは大きめに、ダウンスイングは積極的に行います。これにより、クラブが砂を掻き取るようにボールを打つことができます。 また、スイング軌道を外から内へとします。これにより、クラブが砂にスライドし、ボールを持ち上げます。

サンドウェッジの使用

バンカーショットには通常、サンドウェッジを使用します。

サンドウェッジは、その名の通り、砂地からのショットに特化したクラブです。 ロフト角度が大きく、ソールが広いため、砂を掻き取るようにボールを打つことができます。

しかし、バンカーの深さやボールまでの距離によっては、ロブウェッジを使用することもあります。

適切なクラブを選ぶことで、より効果的なショットが可能になります。

クラブフェースの開き方

バンカーショットでは、クラブフェースを開きます。

これにより、クラブが砂にスライドし、ボールを持ち上げます。クラブフェースを開くことで、ボールは高く上がり、ソフトに着地します。

クラブフェースの開き方は、ボールの飛び方に大きく影響しますので、適切な開き方を身につけることが重要です。

バンカーショットは砂によって打ち方を変えよう!

image3

ゴルフのバンカーショットでは、バンカーの砂の状態がショットの成功に大きく影響します。

砂の状態は、その硬さや湿度、粒の大きさなどにより変わります。以下に、柔らかい砂と硬い砂でのバンカーショットの打ち方について詳しく説明します。

◎柔らかい砂での打ち方

柔らかい砂のバンカーでは、クラブが砂に深く入り込むため、フェースを開きすぎず、スイングも控えめにすることがポイントです。具体的な打ち方は以下の通りです。

フェースの開き具合

フェースを開きすぎると、クラブが砂に深く入り込みすぎてしまいます。そのため、フェースはやや開く程度に調整します。

スイング

スイングは力を抑え、砂を掻き取るように打ちます。力強すぎるスイングは避けて、砂とボールを一緒に持ち上げるイメージで打つと良いです。

◎硬い砂での打ち方

硬いバンカーでは、ソールが地面に跳ね返されてしまう場合があるのでグリップをしっかり持ち、ソールを滑らすイメージで打つことが必要です。具体的な打ち方は以下の通りです。

フェースの開き具合

フェースを開きすぎてしまうと歯に当たってしまいホームランになりやすいため、普段のバンカーショットよりはフェースを開かずに打ちます。

スイング

起き上がりが早いとホームランになりやすいため、腰を少し低めにアドレスし、上下運動をしないように意識します。ボール半個分ほど手前からソールを滑らすようにして打っていきます。

バンカーでの女性や初心者におすすめの打ち方

image5

ゴルフは力だけでなく、テクニックや戦略も重要なスポーツです。

特にバンカーショットは、力よりも正しいテクニックが求められます。しかし、初心者の方はうまく打つことよりも、まずはバンカーから出られるようにすることを意識しましょう。

以下に、女性や初心者におすすめのバンカーショットの打ち方を説明します。

クラブ選び

バンカーショットでは、通常、サンドウェッジを使用します。初心者は特に、ロフト角度が大きいクラブを選ぶと良いでしょう。ロフト角度が大きいと、ボールが上がりやすくなります。

スタンス

スタンスは、足を肩幅より少し広く開き、体重を左足(右利きの場合)に多めにかけます。

普段よりも膝を曲げることで、下半身の安定性が向上し、バンカーショットの成功率が上がります。足を砂に埋めるくらいの気持ちでしっかり固定しましょう。

スイング

力がない方や初心者は、スイングスピードが遅くなりがちなので、フェースを開いてスイングすることをおすすめします。フェースを開くと、ボールが上がりやすくなります。

また、スイングは大きめに、そしてスムーズに行うことが重要です。打つときはボールの手前を打つことを意識しましょう。

ボールの行方が気になると思いますが、伸びあがってしまわないように気を付けましょう。

クラブフェースの開き方

初心者の方は、クラブフェースをさらに開くことで、ボールをより高く飛ばすことができます。

クラブフェースを開くことで、クラブが砂にスライドし、ボールを持ち上げます。しかし、クラブフェースを開きすぎるとボールが左に飛んでしまうため、注意が必要です。

以上が初心者におすすめのバンカーショットの打ち方の説明でした。

初心者がバンカーショットでよくある失敗と対策

image2

砂を薄く掻き取りすぎてしまう

バンカーショットでは、ボールではなく砂を掻き取ることが重要です。 しかし、初心者はしばしば砂を薄く掻き取りすぎてしまい、ボールが飛ばないことがあります。

これに対する対策は、練習で意識的に砂をしっかりと掻き取ることです。具体的には、クラブフェースを開き、ボールの少し前の砂を掻き取るイメージでスイングします。

また、クラブが砂に深く入るように、ダウンスイングは積極的に行います。

フェースを閉じてしまう

バンカーショットでは、クラブのフェースを開くことが一般的です。 しかし、初心者はフェースを閉じてしまうことがあります。

これに対する対策は、スイングの前にフェースを開くことを確認することです。具体的には、アドレス時にクラブフェースを目標方向より右に向け(右利きの場合)、そのままのフェースの開き具合でスイングします。

フルスイングしてしまう

バンカーショットでは、フルスイングではなく、適度な力加減でスイングすることが求められます。

しかし、初心者は力任せにフルスイングをしてしまうことがあります。

対策としては、練習で力を抑えたスイングを身につけることです。

バンカーショットの練習方法

バンカーからなかなか出られないと嫌になりますよね。 しかし、適切な練習をすることで、確実に上達することが可能です。

以下に、バンカーショットの練習方法について詳しく説明します。

基本的なフォームの練習

まずは、基本的なバンカーショットのフォームを身につけることが重要です。

スタンス、クラブの選択、クラブフェースの開き方、スイングの形など、基本的なフォームを一つ一つ丁寧に練習しましょう。

これらの基本的なフォームをマスターすることで、バンカーショットの成功率が大きく向上します。

砂の状態に応じた打ち方の練習

バンカーの砂の状態は、ショットの結果に大きく影響します。

柔らかい砂と硬い砂では、打ち方を変える必要があります。砂の状態に応じた打ち方を練習することで、様々な状況に対応できるようになります。

ボールの位置とクラブフェースの開き具合の練習

バンカーショットでは、ボールの位置とクラブフェースの開き具合が重要です。

ボールの位置を変えることで、ボールの飛び方を調整することができます。 また、クラブフェースの開き具合を変えることで、ボールの高さを調整することができます。

これらの要素を練習することで、より細かな調整が可能になります。

実際のバンカーでの練習

バンカーショットの練習は、実際のバンカーで行うのが最も効果的です。実際のバンカーで練習することで、実戦に近い状況でのショットを体験することができます。

また、実際のバンカーで練習することで、砂の状態やバンカーの形状など、様々な要素に対応する能力を身につけることができます。

ゴルフ練習場によってはバンカー練習場を併設しているところもあります。 また、混んでいるときは難しいですが、後ろに待っている人がいないときは、ショートコースなどであえてバンカーに入れて練習するのもおすすめです。

振り返りを活用した練習

バンカーショットの練習では、自分のショットを振り返ることが重要です。

ショット後にボールの飛び方や着地点を確認し、それを元に次のショットの参考にします。

また、可能であればコーチや他のプレーヤーからのフィードバックを受けることをおすすめします。

まとめ

image1

本記事では、ゴルフのバンカーショットについて詳しく解説しました。

バンカーショットは難易度が高いショットですが、正しい知識と練習により上達することが可能です。バンカーを克服してゴルフを楽しみましょう!

URLをコピーする

監修者

ライターのアイコン画像
さーら
13 記事
こんにちは!さーらと申します! 5歳からゴルフを始め、数々のジュニアの試合や、アマチュアの試合など出場してきました。20歳までプロゴルファーを目指してきましたが、プロテスト最終選考で敗退。一時期は、「ゴルフはもうやらない!!」と思っていましたが結婚し、夫婦の共通の趣味として再開しました!現在はゴルフの楽しさより多くの方にを伝えるため、YouTubeチャンネルやインスタグラムにてゴルフ関連の発信活動をしています。 ベストスコア63 現在のアベレージ77 主な戦歴 2012年 キャロウェイ世界ジュニアゴルフ選手権2位 2014年 東北女子アマチュアゴルフ選手権 優勝 2019年 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技 10位T     LPGAツアー ヨネックスレディース 7位T(ローアマ) LPGAプロテスト最終選考出場

関連記事

同じカテゴリー(スキルアップ)の記事

Cover Image for フェードボールはいつ使う?メリットや打ち方を解説!
スキルアップ

フェードボールはいつ使う?メリットや打ち方を解説!

2024-03-12
Cover Image for ゴルフが上手くならない!上達する方法と簡単な練習法を解説
スキルアップ

ゴルフが上手くならない!上達する方法と簡単な練習法を解説

2024-02-14
Cover Image for ドローボールの打ち方のコツは?習得するメリットと練習法を解説
スキルアップ

ドローボールの打ち方のコツは?習得するメリットと練習法を解説

2024-02-13
Cover Image for ゴルフで重要なバックスピン量|適正な飛距離を打つためのコツと練習法
スキルアップ

ゴルフで重要なバックスピン量|適正な飛距離を打つためのコツと練習法

2024-01-26
Cover Image for 【ゴルフクラブ別】飛距離の目安とは?初心者、男女別に解説!
スキルアップ

【ゴルフクラブ別】飛距離の目安とは?初心者、男女別に解説!

2023-12-27
Cover Image for シャンクの原因とは?ラウンド中の対策・根本治療まで
スキルアップ

シャンクの原因とは?ラウンド中の対策・根本治療まで

2023-11-29
Cover Image for アイアンでティアップする理由は? メリット・デメリットを解説!
スキルアップ

アイアンでティアップする理由は? メリット・デメリットを解説!

2023-11-29
Cover Image for 高性能なポータブル弾道測定器「GARMIN - Approach R10」で上達への一歩を!
スキルアップ

高性能なポータブル弾道測定器「GARMIN - Approach R10」で上達への一歩を!

2023-11-22
Cover Image for ゴルフに筋トレは必要?スコアアップにおすすめの筋トレを紹介
スキルアップ

ゴルフに筋トレは必要?スコアアップにおすすめの筋トレを紹介

2023-11-12
Cover Image for グリーン周りのアプローチ!ミスが減る打ち方とコツを解説
スキルアップ

グリーン周りのアプローチ!ミスが減る打ち方とコツを解説

2023-10-31
もっと見る
体験レッスン後アンケート回答でAmazonギフト券500円分プレゼントのバナー画像
地図検索のバナー画像
ライター募集のバナー画像
ページトップへ戻るリンク
ゴルフ場のイメージ画像
ゴルフ場を探す1967件)
練習場のイメージ画像
練習場を探す2737件)
レッスンのイメージ画像
レッスンを探す1611件)
ガーミンの弾道測定器の記事のバナー画像
\ SNSでも配信中 /

ゴルフ場を探す

  • -条件・キーワードから探す
  • -地図から探す

練習場を探す

  • -条件・キーワードから探す
  • -地図から探す

レッスンを探す

  • -条件・キーワードから探す
  • -地図から探す

読みもの

  • -マガジン
  • -ライター募集

ゴルフ場、練習場、レッスン施設の方へ

  • -施設掲載依頼
  • -ホームページ制作・保守代行
  • -インドアゴルフの集客サポート
  • -ゴルフレッスンの集客サポート
  • -【初期費用無料】事業者向けサービス一覧

全般

  • -お問い合わせ
  • -公式グッズ
  • -ゴルフ関連リンク
  • -プライバシーポリシー
  • -利用規約
  • -運営会社
ゴルフメドレーHP制作サービスのバナー画像
インドアゴルフ練習場、ゴルフレッスンの集客サポートのバナー画像
© ゴルフメドレー