記事検索

高性能なポータブル弾道測定器「GARMIN - Approach R10」で上達への一歩を!

Cover Image for 高性能なポータブル弾道測定器「GARMIN - Approach R10」で上達への一歩を!
スキルアップ
2023-11-22
2024-05-21

[PR]

ゴルフ熱が高まれば高まるほど、ゴルフの楽しさだけでなく数々の挫折感も味わってきたゴルファーの皆さん。最近はスコアも安定し始めたけれど、それとは裏腹に伸び悩みや、さらにうまくなる練習方法の研究をしていませんか?

「もう少し飛距離が伸びれば…」「アプローチがもっとピンに寄れば…」といった思いを抱える方も多いのではないでしょうか。その壁を乗り越え、次の目標へ進むための鍵をみつけるためにゴルフメドレー編集部がお勧めするのが「Approach R10」という個人でも手軽に使える弾道測定器です。この弾道測定器が、あなたの「次の一歩」を強力にサポートしてくれるはず!

弾道測定器とは?何を測るの?

弾道測定器は、ボールの飛距離、スピン量、発射角度などのデータを計測するデバイスです。プロゴルフの試合中継を見ていると、画面にボールの飛球線が映し出されるシーンを見たことがある方も多いはず。弾道測定器とはまさにアレです。 弾道測定器で測定することにより、自分のスイングのクセ、出球の傾向を数字で把握し、理論的に改善することができます。

例えば、フックになることが多い場合(右打ちの場合、ボールが左に大きく曲がること)、フェースの向きが閉じすぎていないか、ボールを打つ瞬間のスイング軌道がインサイド・アウトになりすぎていないか見ることができます。

ドライバーの飛距離を求める場合は、バックスピン量が3,000rpm以上だと飛距離がロスしてしまうため、ロフト角やシャフトの硬さを変えて、スピンを2,500rpm程度に抑えるという解決策も導き出すことができます。

このように、自分のスイングと出球を数値化してくれるデバイスが弾道測定器です。

ガーミン1

手のひらサイズの弾道測定器!GARMINの「Approach R10」とは?

弾道測定器として有名なところをあげると「トラックマン」と「トップトレーサーレンジ」ですね。トラックマンは200万円を超え一般の方には手が届きづらく、トップトレーサーレンジは数値測定の項目が少なく、やや練習には不向き。また利用するにはそれらを導入している練習場まで足を伸ばさないといけません。

そんななか、GARMINの「Approach R10」は手の届きやすい価格帯で、ゴルフ練習場やゴルフスタジオなど、室内外を問わず、手軽にセットアップして使用することが可能です。使い方は超簡単。ボールからクラブ二本分くらい(約2 m)後ろにセットして、アプリを立ち上げるだけ。これだけで、いつも通っている打ちっぱなしが最新鋭の施設に様変わり。

使い方

そして、飛距離やスピン量といった基本的なデータだけでなく、スイングの動画も自動録画されます。これにより、自分のスイングを視覚的にチェックすることができます。

ゴルフバックにつけて使用

非常にシンプルな使用感で、スマートフォン用のGarmin Golf アプリでリアルタイムでデータ確認や分析が行えるため、1球1球の練習の質を格段にアップさせることができます。

使用イメージ

この「Approach R10」を手にすることで、いつもの打ちっぱなしが、論理的で一歩踏み込んだ練習に!ゴルフ上達の手助けとなることは間違いないでしょう。

GARMINの「Approach R10」の活用方法をご紹介

さて、手軽に測定できる弾道測定器「Approach R10」を紹介させていただきましたが、実際に出てきた数値をどのように改善していけばいいのか?

ゴルフメドレースタッフの測定値を元にいくつか解説させていただきます。

①ドライバーのボールがいつも左に行ってしまう(女性、平均スコア120)

女性1

<現状>

初心者なのでスイングの傾向にばらつきがあるものの、大きなブレや問題点があるわけではありません。にも関わらずサイドスピンが多く、左に大きく曲がっている状態です。

<解決策>

スイングに問題が無いにも関わらずボールが左に曲がるのは、ボールのセッティング環境に問題がありそう。そのためティーを低くセットしてみました。

<結果>

サイドスピン量が軽減され、ほぼ真っ直ぐボールが飛ぶようになりました。

②ユーティリティが捕まらない(男性、平均スコア95)

男性2

<現状>

クラブのフェースが右3.6度に開いており、さらにボールを打つ瞬間のスイング軌道(クラブパス)はインサイドアウト。

インサイドアウトで打っているならドロー回転になるんじゃないの?と思った方。ここが「Approach R10」のすごいところです。フェースの開き具合が右3.6度に対して、クラブバス右3.2度。クラブとボールの接地関係は”カット軌道”になります。それでフェーストゥパスが右0.4度と出ています。フェースが開いて右に飛んでいるボールがさらに右に曲がっていくという具合です。

<解決策>

解決策は2つあります。フェース角<クラブパス角にすれば、ドローボールが打てるので、フェースを少し閉じるか、スイング軌道のインサイドアウトを強めるか。

フェースを閉じるとチーピンの可能性が怖いので、今回はインサイドアウトを少し強める方向で調整してみました。

<結果>

フェース角<クラブパス角となり、フェーストゥパスが左0.9になって緩やかなドローボールが打てるようになりました。ドローボールなのでランもよく出て飛距離も伸びましたね!

まとめ|上達スピードがUP

このように数字をみながら練習すると、改善すべきポイントが明確になります。 自分で仮説を立てて改善に取り組む姿勢は好不調の波があるラウンド中のリカバリーでも必ず役にたちます。

弾道測定器を使ってみたい。数字でスイングを分析して論理的に練習に取り組みたいという方にとってGARMINの「Approach R10」は、ベストに近いと言えるデバイスです。 購入に関する詳細は下記リンクから

URLをコピーする

関連記事

同じカテゴリー(スキルアップ)の記事

Cover Image for ゴルフのバックスピンのかけ方は?適正なスピン量についても解説
スキルアップ

ゴルフのバックスピンのかけ方は?適正なスピン量についても解説

2024-05-08
Cover Image for シャンクの原因と治し方!止まらない時の対策は?
スキルアップ

シャンクの原因と治し方!止まらない時の対策は?

2024-05-08
Cover Image for ゴルフが上手くならない!上達しない人の特徴とは?
スキルアップ

ゴルフが上手くならない!上達しない人の特徴とは?

2024-05-08
Cover Image for グリーン周りのアプローチ!番手や打ち方について
スキルアップ

グリーン周りのアプローチ!番手や打ち方について

2024-05-08
Cover Image for バンカーの打ち方は?簡単に打つコツや練習方法
スキルアップ

バンカーの打ち方は?簡単に打つコツや練習方法

2024-05-08
Cover Image for フェードボールの打ち方のコツは?ボール位置や練習方法について
スキルアップ

フェードボールの打ち方のコツは?ボール位置や練習方法について

2024-05-07
Cover Image for ドローボールの打ち方のコツは?ボール位置や練習法を解説
スキルアップ

ドローボールの打ち方のコツは?ボール位置や練習法を解説

2024-05-07
Cover Image for ゴルフに特化した筋トレ!飛距離アップにもおすすめの筋トレを紹介
スキルアップ

ゴルフに特化した筋トレ!飛距離アップにもおすすめの筋トレを紹介

2024-05-07
Cover Image for ゴルフ飛距離の目安とは?初心者、男女別に解説!
スキルアップ

ゴルフ飛距離の目安とは?初心者、男女別に解説!

2024-05-02
Cover Image for アイアンでティアップする理由は? メリット・デメリットを解説!
スキルアップ

アイアンでティアップする理由は? メリット・デメリットを解説!

2023-11-29
もっと見る
体験レッスン後アンケート回答でAmazonギフト券500円分プレゼントのバナー画像
地図検索のバナー画像
ライター募集のバナー画像
ページトップへ戻るリンク
ゴルフ場のイメージ画像
ゴルフ場を探す1967件)
練習場のイメージ画像
練習場を探す2833件)
レッスンのイメージ画像
レッスンを探す1632件)
\ SNSでも配信中 /

ゴルフ場を探す

  • -条件・キーワードから探す
  • -地図から探す

練習場を探す

  • -条件・キーワードから探す
  • -地図から探す

レッスンを探す

  • -条件・キーワードから探す
  • -地図から探す

読みもの

  • -マガジン
  • -ライター募集

ゴルフ場、練習場、レッスン施設の方へ

  • -施設掲載依頼
  • -ホームページ制作・保守代行
  • -インドアゴルフの集客サポート
  • -ゴルフレッスンの集客サポート
  • -【初期費用無料】事業者向けサービス一覧

全般

  • -お問い合わせ
  • -公式グッズ
  • -ゴルフ関連リンク
  • -プライバシーポリシー
  • -利用規約
  • -運営会社
ゴルフメドレーHP制作サービスのバナー画像
インドアゴルフ練習場、ゴルフレッスンの集客サポートのバナー画像
© ゴルフメドレー